老人性イボをハサミで切る

老人性イボをハサミで切る手術の特徴

 

ハサミ

 

老人性イボを皮膚科で取る方法ひとつがハサミを使って切る方法です。。

 

診療科目としては皮膚科で行われており、医療用ハサミを用いて顔や首などの接合部分の皮膚を除去してしまう方法です。自分で切るのとは違い、きちんとした治療となっています。

 

最近ではこの治療方法も少なくはなってきているみたいですが、今でも多くの皮膚科で行われています。

 

老人性イボをハサミで切る方法において心配となるのが痛み・費用・傷跡の副作用でもあるこの3点です。
この記事では上記の3点に加えて、自宅で自分で除去することについても解説をしていきます。

 

首や顔の老人性イボを治療したいと考えている人はこのまま読み続けてください。

 

老人性イボをハサミで切る治療費!切除の金額の目安は数次第

治療費に使う金

 

老人性イボをハサミで切除する費用はあなたの首や顔にいくつのポツポツがあるのかによって大きく異なってきます。

 

ほとんどの皮膚科では1回いくらのように費用を設定しているのではなく、切除することになる老人性イボの数によって金額を決めています。

 

多くの皮膚科では1個の老人性イボを切る費用として500円ほどの金額を設定しています。

 

  • 10個であれば5000円
  • 20個であれば10,000円

 

以上のようにイボの数次第で金額が増えます。

 

この金額に加え初診費用として3,000円がかかります。また、施術後に関してはヨクイニンと呼ばれる成分が配合されている化粧品や薬を配布されることもあり、これにも金額が数千円ほどかかってきます。

 

ハサミで切る痛みと傷跡の副作用の特徴

 

ハサミで切るので当然のことながら多少の痛みが発生します。

 

また、老人性イボは皮膚と接合しているので、状況によっては激痛を伴うこともあります。ハサミで切るのを想像しても分かるように多少の痛みは存在することとなるのですね。

 

ただ、専門の知識を持っている医者が適切な箇所を切除してくれるので、激痛を伴うことはそこまでないようです。

 

傷跡に関しては残ることもあれば、残らないこともあるのがすべてです。全く問題ありませんと言いたいところではありますが、当然のことながら傷跡が残るリスクは伴います。

 

老人性イボをハサミで自分で切るのは危険な取り方

危険を促す医者と看護婦

 

どうせ皮膚科でハサミで切るなら自分で切ってみようかと考える人も多いです。
しかし、この安易な考えは止めた方がいいです。

 

老人性イボに関してはウイルスが感染している訳ではないので、適切に切れば除去をすることができるのは間違いありません。医者が切ったら直るけど、自分が切ったら直らないなんて幻想的な話は当然のことながらありません。

 

ただ、自分で切るとなると接合部分を上手く除去することができません。

 

そのため、切りすぎてしまい傷跡と激痛が発生をするリスクが非常に高まります。逆に切る部分が少なければ結局は意味がありません。

 

また、切って除去をしたとしても根本的な原因が解決できている訳ではありません。そのため、化粧品や薬などを使ってケアをする必要もでてきます。

 

自分でハサミや爪きりなどを使って切るのは止めましょう。

 

自宅で治療をしたいのであれば化粧品を使った方法や薬を使った方法を試すようにしてください。

 

まとめ

 

老人性イボをハサミで切る治療費に関しては人によって大きく異なってくるのですね。
健康保険が使えることから1個を取るのだけなら安いです。

 

しかし、首や顔にできるイボは50個以上できてしまうことも多いです。
ウイルスイボとは違い原因は紫外線や加齢なので、肌全体が衰えてしまっているのですね。

 

そのため、あなたのイボの数を目安に治療費を考えて貰うとわかりやすいです。

 

ただ、副作用としては痛みや跡が残ることがある点です。
この部分が嫌であればレーザーでの治療を試すことになります。